整形外科と形成外科

美容外科は病院によっては美容整形外科や美容形成外科と呼ばれることもあります。そのため、しばしば整形外科や形成外科と混同されることがありますが、整形外科とは扱うものも内容もかなり違い、形成外科も同じようでいて治療の目的などが違います。

もともと、整形という言葉は怪我や病気等によって起こった身体や運動能力を整えることであり、いわゆる整形外科がこれらの治療を行う専門診療科となり、具体的には骨、関節、筋肉、靭帯や神経などの怪我や病気に対して、治療やリハビリテーションを行う診療科が整形外科です。また、形成外科とは身体表面の異常を治療範囲とし、それらの治療を行います。

医師免許例えば、がん手術後の変形の治療、先天性のものや外傷による異常や変形の治療が具体的な治療となり、美容外科の技術とも重なる部分がありますが、その目的は美しくなるためではなく、怪我等によっておこった身体などの変化を治療によって社会生活を送りやすいように元に戻すことが目的となっています。近年では形成外科において美容外科を一つの診療科目として取り入れる病院もありますが、整形外科と形成外科は医療を目的とした診療科目となりますし、一方で美しくなることが目的の美容外科は保険の対象外であるのが大きな違いとなっています。美容外科は医学会では医学の分野とは認められていないのですが、開業には医師免許が必要です。しかし、要は医師免許があれば誰でも開業が可能なため、しばしば医師の経験不足や技術不足による問題を生み出す原因となっています。


Comments are closed here.