Archives:

トラブルの回避法

では、きちんとした病院選びはどのようなものなのか説明します。まず、自分の希望を明確に整理することから始めましょう。例えば、なぜ美容外科の治療を受けたいのか、どの部分をどんな風に変えていきたいのかしっかりと医師に伝えられるようにイメージを明確にすることが第一歩です。次には、様々なクリニックの中から比較、検討をします。情報源としてクリニックのカタログやホームページによって設備や料金などを比較し、他にも近年の最新技術などの流れなどをインターネットで調べるのも有効な手立てになります。

医師ある程度クリニックが決まったら、同じクリニックの利用者がいたら紹介をしてもらい、また紹介者がいなくても、実際にクリニックに行って雰囲気や他の患者さんから情報を収集してみましょう。次に、診察室に通されたらしっかりと説明を聞き自分の希望も伝えるのですが、その場の雰囲気に流されず、焦って即決をせず冷静になることが大切です。どんな手術をするのか、痛み等はあるのか、復帰までの時間、費用、トラブルや緊急時はどのように対処してくれるのか、などをしっかりと確認しておきます

このような、説明を聞き疑問点を無くし治療への理解を深めることがトラブル回避のためにはもっとも大切なことになります。そして、自分の担当する医師の名前とキャリアも確認し、これらの説明と情報を検討し、気持ちが決まったら予約をしましょう。実際の治療に入ってからも疑問や不安をしっかりと医師に伝えることを忘れないようにすることも大切です。


美容外科のトラブル

トラブル現在、美容外科の技術は日々進歩していますが、一方で美容整形といえば様々なトラブルを起こすイメージもあります。しかし、近年ではトラブルは飛躍的に減少しています。美に対する欲望は昔から人々を魅了してきましたが、そのように需要が途切れないことと保険の対象外でもあるため、基本的に美容外科の費用は高額であり、自由診療のため病院によって費用がまちまちであり、いわば言い値でできてしまう側面もあるため、儲かる分野でもあります。そのため、医師資格がないものが美容外科的な治療行為を行う、高額な収入だけを期待して未熟な医師が開業するなどの問題の根源を生み出しやすい環境となっており、かつての美容外科トラブルは、このような技術者に問題があるケースが主な原因でした。具体的な内容は、脂肪吸引や豊胸手術などのずさんな仕上がりや、死亡事故、詐欺まがいの高額請求など悪質なものが多く報告されていました。また、一時はプチ整形などのトラブルも頻発していました。

現在では、それらの悪質な開業医などが淘汰されつつありますが、新たに海外での整形トラブル、医師の説明不足によって起こるトラブルもいくつか発生しています。美容外科での治療は、見た目を手術や注射で変えるものであるため、失敗や自分の望みを叶えられなかった時の心理的なダメージは大きいものになります。そのため、しっかりとした病院選びをすることが大切です。


整形外科と形成外科

美容外科は病院によっては美容整形外科や美容形成外科と呼ばれることもあります。そのため、しばしば整形外科や形成外科と混同されることがありますが、整形外科とは扱うものも内容もかなり違い、形成外科も同じようでいて治療の目的などが違います。

もともと、整形という言葉は怪我や病気等によって起こった身体や運動能力を整えることであり、いわゆる整形外科がこれらの治療を行う専門診療科となり、具体的には骨、関節、筋肉、靭帯や神経などの怪我や病気に対して、治療やリハビリテーションを行う診療科が整形外科です。また、形成外科とは身体表面の異常を治療範囲とし、それらの治療を行います。

医師免許例えば、がん手術後の変形の治療、先天性のものや外傷による異常や変形の治療が具体的な治療となり、美容外科の技術とも重なる部分がありますが、その目的は美しくなるためではなく、怪我等によっておこった身体などの変化を治療によって社会生活を送りやすいように元に戻すことが目的となっています。近年では形成外科において美容外科を一つの診療科目として取り入れる病院もありますが、整形外科と形成外科は医療を目的とした診療科目となりますし、一方で美しくなることが目的の美容外科は保険の対象外であるのが大きな違いとなっています。美容外科は医学会では医学の分野とは認められていないのですが、開業には医師免許が必要です。しかし、要は医師免許があれば誰でも開業が可能なため、しばしば医師の経験不足や技術不足による問題を生み出す原因となっています。


美容外科とは

かつては高額な費用と安全面での信頼が低いなどの理由で敬遠されがちだった美容外科の分野ですが、近年ではプチ整形や海外での安価な施術などが広まったことで成長分野となり、それとともに以前よりも身近なものとなっています。美容外科とは、病院や診療所が外部に広告可能な標榜科目の一つで美しい見た目にこだわった臨床医学です

美容外科そもそも美容外科の始まりは、紀元前1500年ころのインドでの造鼻術が始まりとされ、当時の刑罰の鼻削ぎの刑に対して、鼻を元に戻す必要があり額の皮を利用し鼻を再生させる技術がありました。日本ではヨーロッパから昭和初期に技術が輸入され、後の第二次世界大戦後に美容整形外科と称す開業医がいくつか開業したことから始まり、この頃は時代的背景から負傷兵への治療として役立て、その後独自の美容外科術を実践し、研究、改良し発展させていきました。

しかし、医療免許を所持していても独自の技術を行うことによっての弊害も発生し、また、自分自身の顔や体に病気でもないのにメスを入れることなどの倫理的な論議や、未熟な医師による事故や訴訟が社会問題の一つとして取り上げられることもしばしばあります。そのような中でも、美を追い求める人や自分の見た目に自信がない人の心の拠り所となり、常に需要は途切れることなく次第に普及していき、現在では、総合病院でも美容外科の技術を取り入れる流れも生まれ、前述のようなプチ整形などの技術も進歩してきたことにより気軽に身近なものへと変化してきています。